スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストクロニクル デッキ 紫青

ユニット 35
レベルⅠ 18
3 意思を持った雷光
2 疾風の弓使い
2 シグニィの雷司祭

3 戦雲の楽人
3 わだつみの声 アンジュ
2 征地の奇兵
2 幻惑術師 ハスティ


レベルⅡ 6
3 ゼノビア
3 あらぶるワイバーン


レベルⅢ 9
3 紫電の刺客 アズラール
2 粉砕の風 メルカンデ

2 霊薬師 マキナ
2 海部の将 ミフネ


レベルⅣ 2
2 ハンニバル・バルカ

ヒストリー 4
3 時移しの魔笛
1 青宝珠


スペル 11
3 嵐の進撃
2 嘆きの雨

3 凍結
3 郷愁の唄
1 魂の帰還


CA3:CA2:CA1=21:24:5
紫:青=25:25

2弾がが出て早一ヶ月。自分が触っているのはオンラインの実装からので、2週間くらいの気持ちです。

魂石のドルイド、斉天大聖などのカードにより橙が大幅に強化されました。おそらく皆さんの周りでは白橙、紫橙などが流行っているのではないかと思います。

しかし、今回紹介するのは、時代に逆行する紫青です。なぜならば、青のカードが橙に対して強いからです。

郷愁の唄はCA3でありながら1マナでバウンスという強力なカードです。斉天大聖などの重いユニットを手札に戻したら1ターン余分に貰ったも同然です。

このカードを活かすためには音楽家が必要です。なので、数少ない音楽家であるアンジュと楽人は必須でしょう。

相手のユニットを手札に戻したはいいが、その間に何も出来なければ本末転倒です。では何をするのが一番良いかというと、アズラールをはじめとしたレベルⅢユニットを魔笛によりレベルⅡにしてアタック、という動きが1番噛み合ってるでしょう。よって、レベルⅢ以上のユニットを少し多めに入れておきます。また、これにより長期戦になっても息切れしづらくなります。

後は脇を固めるカードを入れると完成です。ゼノビアや雷光はアンジュやハスティのようなATK1と相性がよく、何よりゼノビアと雷光で小隊することでATK5という脅威になります。

プレイするポイントとしては、相手が速攻デッキでも積極的に殴りに行くことです。バルカヌスを活用するデッキは安定して強いですが、大抵CB以外の除去が無いので、アンジュ+アズラールや雷光+ゼノビアが揃えばバウンスを持っているぶんこちらの方が有利にダメージレースをすることができます。
また、マリガンが難しく、筆者も迷うことがよくあります。ただ、初手にアンジュがあったら問答無用でキープで良いでしょう。

少々ピーキーですが、その分ブン回りが強く楽しいので、試してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

ラスクロデッキ 白黒t青

ユニット
・レベルⅠ
3 白エルフの弓兵隊
2 目くらましの精霊
2 ヴェスの祈り手

3 乱世の走狗

・レベルⅡ
3 信仰の守護者

・レベルⅢ
3 停戦の使者
2 ヴラド・ツェペシュ

・レベルⅣ
3 ブリュンヒルデ
2 王宮衛士隊

2 ルシファー
2 死招きガニ

ヒストリー
3 ヴェス大聖堂
2 龍王の厄災日

1 バストリアの大恐慌
1 ダークマテルの指輪
1 黒水晶の髑髏

スペル
3 浄化の矢
3 束の間の平和

3 カオスバニッシュ
2 減力の悪疫
1 非情な戦い
3 創造的破壊

白:黒:青=29:16:5
CA3:CA2:CA1=19:28:3


このデッキに関して今更説明する必要はないと思います。
時代Ⅳまで生き残ったら勝ちというデッキです。
強いてプレイングについて書くなら、SSにはできる限り弱いカード(≒CA3のカード)を置くのが大事です。

ちなみに創造的破壊は1弾環境唯一のデッキ破壊カードです。
対白黒はこれがフィニッシャーになりますが、まあそんなことしなくてもアーサーかヴァイヤで死んでくれる人は結構います。
創造的破壊だけじゃさみしいので、追加のフィニッシャーとしてカニも入れてみました。

あまりに負けすぎてつまらなくなってきた人は使ってみてください。

FFTCG 限定構築デッキ 風雷『仲間を求めて』

自分のエリアの予選終わったのでデッキ公開します。

フォワード21
・5コスト
3 ティナ
2 シャドウ
・4コスト
3 モグ
2 ロック

・3コスト
3 セッツァー
3 エドガー
2 ウーマロ
・2コスト
2 ロック
1 インターセプター

アイテム3
3 バスターソード

バックアップ17
3 赤魔導士
2 ケットシー11
2 アルバ

3 シド・ポレンディーナ
3 シド・ヘイズ
2 エアリス
1 パブロフ

1 サラ

召喚獣9
3 chap11ラムウ
3 オーディン
2 chap9ラムウ

1 アレキサンダー

雷:風:光:氷=24:20:4:2


自分がこのデッキを作ろうと思った理由は、chap10で出たバスターソードに可能性を感じていたからです。
chap10環境でもバスターソードデッキはありましたが、ユフィに装備して受けに使うタイプのデッキでした。
もしもフォワードをブレイクゾーンに置いて別のフォワードを呼び出すカードがあればどんどんフォワードを増やすことが出来るな~、と妄想していました。
そこにセッツァーというぴったりなカードが出たことで、chap11ではセッツァーとバスターソードのコンボデッキを絶対に組もうと思いました。

発売直後の大須某店での練習ではかなり勝率が高かったので、このデッキは強いと確信しました。

予選は4-2からプレーオフ勝ちで権利だけゲット。2負けは神谷さんとの風雷ミラーと水土の相手のブン回り&自分の大事故でした。


このデッキは細かいテクニックがかなり多くて、使いこなそうとするには練習が多く必要です。
とりあえず簡単にプレイングの方針を解説します。
1~4ターン目 バックアップを並べる。フォワードはできるだけ出さない。ティナと、セッツァーorバスターソードを手札に揃える。
4~6ターン目 3~5枚バックが並んだらコンボ開始。ティナを出しバッソ装備、セッツァーでティナをサクってバッソでロックorモグ、セッツァーでウーマロを場に出す。
6ターン目以降 セッツァー生きてたら勝ち。除去されたらなんとかなるプランを考えましょう。
12ターン目以降 この頃に勝てなかったら山札の中から勝ち手段が消えてるでしょう。

ウーマロが出ていればP持ちラムウなど雷のアクティブ限定除去は効きません。
もちろんダル状態のフォワードがいなければウーマロの効果は使えませんが、バスターソードで出るフォワードはダルで出ますし、モグは自力でダルになれるので、味方を殴らせることで避けられます。
全体除去は致命的ですが、限定構築環境には1枚で全体除去できるカードは存在しないので、早いターンにコンボが決まれば間に合うことはありません。エアリスがあればさらに盤石になるでしょう。

ソードメイデンに殴られきる前にコンボが決まってエドガーやウーマロで除去できるので、ソードメイデンには強い部類のデッキです。
序盤はバック出すだけなので速攻されるときついんですが、EXである程度受けられますしウーマロ呼べばなんとかなります。

反省点としては弱かったインターセプターを抜いてアレキサンダーにしておけば良かったと思いました。
土が多くアレキサンダーが強い環境だったのと、召喚獣が増えればティナが強くなるからです。

デッキ名はセッツァーのイベントで流れる名曲にあやかって「仲間を求めて」。これしか考えられない!w

FF6のキャラがずらっと並びますし、動きが多く考えるのが楽しくて、強いデッキなので一度組んでみてはいかがでしょうか。

ラスクロ デッキ 紫t青

ユニット
レベルⅠ
3 疾風の弓使い
3 サンダースピリット
3 雷を呼ぶもの
3 稲妻を崇めるミノタウロス
3 シグニィの雷司祭
1 堕落した射手

3 覇力の偶像
3 跳躍するヘルネブ
2 アルキメデス
2 コロンブス


レベルⅡ
3 雷神の使徒

レベルⅢ
2 真田幸村
2 紫電の刺客 アズラール
2 紫雲のワイバーン
1 源義経

2 海部の将 ミフネ

ヒストリー
2 強襲の風穴

スペル
3 嘆きの雨
2 サンダーアロー
2 疾駆の呪文

3 凍結



前回のデッキは思ってたより弱かったので、改善したデッキがこれ。
実際に回してみてわかったことだが、以前のゼフィロン単の問題点としては
・攻めたいのか守りたいのかよくわからない
・時代Ⅲ以降のカードが多すぎる
・決め手に欠ける
といったものを孕んでいた。

改善点は
・環境には白が多そうだったので、「攻め」の方向にシェイプアップしてみた。
・ハンニバルなど手札で腐りやすいカードを抜き、レベルⅠのカードを増やした。
・青をタッチすることで、エンドカードであるミフネや、CBが優秀な凍結を使うことができるように。
といったところ。
また、EPICは思っていたより手札にたまりやすいので2枚までにしてみた。
厄災日などもプレイである程度ケアできるようになった。

白ミラーでうんざりしている方は是非使ってみてはいかがでしょうか。

ラスクロ 脳内deデッキ構築

"Zephylon Deck Wins"

ユニット
レベルⅣ 3
3 ハンニバル・バルカ


レベルⅢ 8
3 紫雲のワイバーン
3 真田幸村
2 源義経


レベルⅡ 7
3 雷神の使徒
2 雨雲の魔術師
2 雷帝 バルヌーイ


レベルⅠ 17
3 雷鳴を集めるミノタウロス
2 堕落した射手

3 疾風の弓使い
3 若きミノタウロス
3 サンダースピリット
3 雷を呼ぶもの


ヒストリー 3
2 雷鳴の壺
3 ユーカリスの首飾り


スペル 9
3 雷流術
3 シグニィの雷気
3 嘆きの雨


CA3:21 CA2:26 CA1:3

1.なぜ紫単色なのか?

 ダメージを与えるカードは同じダメージを与えるカードとシナジーするため、それらのカードを多く入れるとデッキが強くなりやすい。ダメージは今のところゼフィロン特有の効果なので、ゼフィロンのカードのみでデッキを構成すると良いというわけだ。
 似たような効果に黒のマイナスがあるが、今のところ効率の悪いカードしかない。安定性を考えても黒を混ぜる理由は薄い。
 真田幸村はトリプルシンボルなので単色が最も使いやすいだろう。

2.どういった動きをするデッキなのか?
 スターター構築環境ではカードアドバンテージを取るカードがほぼ無かった。そのため、《ヴァイスガート弓騎士団》や《王宮衛士隊》でライフアドバンテージを取る白デッキや、それらのカードが生かされる前にライフを削りきる黒テンポデッキが主流だった。
 カードがすべて解放されたことで、《血風の狂戦士 バルカヌス》というテンポの化身のようなカードや、《龍王の厄災日》というテンポデッキに対する強力なアンチカードが加わった。テンポデッキはより受けづらく、白コントロールはより固く進化するだろう、と考えた。このデッキは、それらのデッキに対して有効な動きを持っている。気がする。
・対テンポデッキ
 テンポデッキの主役は《血風の狂戦士 バルカヌス》や《遥かなる地の巨人》だろうが、パワー1500や2000のカードを出していく展開も多いだろう。《雷流術》はそんな展開に大して強いカードだ。
 また《真田幸村》はレベルⅢでありながら、時代Ⅰからパワー2000を除去することができる。設置代以外はコストも必要ないし、カードアドバンテージも得られることができてお得。
 《雷神の使徒》は自身や《紫雲のワイバーン》のCBとの合わせ技で2000を除去することができるし、腐ってもパワー2500なので2000に対して強い。
 ハンニバル・バルカはCA1だが、CBがそれをもって余りあるテンポ・カードアドバンテージを稼ぎ出す強力な効果だ。
 そんなわけで、テンポデッキには《雷鳴を集めるミノタウロス》などでバルカヌスや巨人を対処しつつ―もしくは無視しつつ―2000を相うちしたり、アドバンテージを取りながら除去する展開になるだろう。
・対コントロールデッキ
 コントロールデッキというのは重くて強いカードを多用するデッキなので大振りな展開になりやすい。それに対してゼフィロンに多いキーワード能力『速攻』は有効だ。
 特に《源義経》は3500や4000を並べてドヤ顔している相手に対してつよい。《ハンニバル・バルカ》も―義経ほどにでは無いにしても―コントロールに対して受けを成り立たせづらい強力なカードだ。《サンダースピリット》はCA3にしてはかなり優秀。義経は時代Ⅲの方が強力なので、ハンニバルが無いときは《堕落した射手》との兼ね合いも考えて時代を進めるかどうか考えたい。
 コントロール相手には、2コスト2000や速攻でライフを削って《源義経》といった展開になるのではないだろうか。

3.カードの選択について
 CA3は《スワントの斥候》《ゼフィロンの風》を除いてフル投入の21。ハンニバルがめくれたらある意味CA3がめくれるより強い展開になるので、ハンニバルも数えて24とする。
 CA2のカード選択だが、ダメージを与えるカードから順に入れていった。《雷火獣》《シグニィの雷司祭》のような受動的カードは抜いた。ていうか《雷火獣》よわくね?
 《サンダーアロー》に関しては、テンポには重く、コントロールは3000が多く単体で役に立ちづらいと思ったので入れていない。ユニットによる効率のいい除去を優先した。

4.おわりに
 まあ、所詮脳内だし、普通に弱いかも。

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ズーシミ

Author:ズーシミ
FFTCG、ラストクロニクルについてなんか書きます。

Twitter:mdktsk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。