スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストクロニクル デッキ 白橙t青

ユニット23
レベルⅠ
2 マスタートウリョウ キズキ
3 魂石のドルイド
3 流浪のドルイド

2 アルキメデス

レベルⅡ
3 斉天大聖
3 グランドールの同盟兵

レベルⅢ
3 アーサー
2 女拳聖 ベルカ

レベルⅣ
2 始祖龍の初孫 ラズー

ヒストリー9
3 ヴェス大聖堂
2 竜王の厄災日
2 エクスカリパー

2 ルバルス鉱山

スペル17
3 浄化の矢
3 束の間の平和
1 時空の聖視

3 循環する魂
3 ソウルチャネリング
1 オーラブレイク
1 神域の盗掘

3 郷愁の歌

CA(3:2:1)=16:30:4

久々にデッキ解説記事となります。
今回は、今もっとも流行っているデッキ「」に対するアンチデッキとなります。


基本的には普通の白橙に青をタッチした形ですが、この青成分が白橙の弱点を補っていることになります。
グランドールの同盟兵はサイズの大きいワイパーで、ゼフィロンの同盟兵などに焼かれづらく、また相手の斉天大聖を無効化することができるため、橙に対してクリティカルなカードであるといえます。
アルキメデスは発展時に手札を補充することができ、またCBで流浪のドルイドなどの不要牌を捨てることができるため、手札消費の多い橙デッキにかみ合っているといえるでしょう。
郷愁の歌は音楽家がいないので重いバウンスですが、ビッグマナ・デッキであるため打つのにはあまり苦労しません。対象は何でもよいので、相手の致命的なユニットに触りづらいという白橙の弱点をある程度補うことができます。また最大の魅力はラ・ズーを使い回せる点です。ラズーも厄災日も見て展開してきた相手に対して3回目のリセットは致命傷になることで傷。


まだまだ調整段階ですが、皆さんの参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

ラストクロニクル デッキ 橙紫+エリア予選簡易レポ

ユニット28
レベルⅠ
3 星屑の精霊
3 稲妻を崇めるミノタウロス

3 魂石のドルイド
2 流浪のドルイド


レベルⅡ
3 荒ぶるワイバーン
1 ゼノビア

3 斉天大聖
2 ゼフィロン同盟兵


レベルⅢ
3 メルカンデ
2 真田幸村

1 ヘラクレス

レベルⅣ
2 ハンニバル・バルカ

ヒストリー4
3 ルバルス鉱山
1 アンクアの護符


スペル17
3 雷流術
3 ライトニングスピア
3 嘆きの雨
1 嵐の進撃
1 ライトニングストーム

3 ソウルチャネリング
3 循環する魂
1 オーラブレイク


勝勝勝負勝負からのプレーオフ負


負け語りは醜いので特にデッキ解説はしません
プロフィール

ズーシミ

Author:ズーシミ
FFTCG、ラストクロニクルについてなんか書きます。

Twitter:mdktsk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。