スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会簡易レポ ラスクロTOUR&FFTCGマスターズ in 京都

お久しぶりです。京都で久々にリアルラスクロとFFTCGしてきました。
結果からいうとラスクロはBest4で権利獲得はEveのみとなりました。
以下が使用デッキです。

ユニット27
レベルⅠ
3 メディアの従者
2 夜を盗むもの ライーサ
3 マスタートウリョウ キズキ
2 白き森のエルフ


レベルⅡ
3 メディア
2 不死兵団
1 セミラミス

レベルⅢ
2 黒騎将 ウーディス
3 停戦の使者
2 アーサー
1 邪光の獣 ニルヴェス


レベルⅣ
1 ルシファー
2 ブリュンヒルデ

ヒストリー13
3 盗賊の魂
1 黒の宝珠
1 ダークマテルの指輪
1 闇の魔穴
3 ヴェス大聖堂
3 竜王の厄災日
1 エクスカリバー


スペル10
3 呪殺
2 カオスバニッシュ
2 魂の両断
1 縫合再生術
2 束の間の平和

黒:白=28:22 CA3:2:1=19:27:4

このデッキを選択した理由は、橙のランプ系のデッキが多いと読んでいたからです。
橙デッキは基本的にSSを並べてハイカロリーなカードを連打する動きが強いデッキです。
それゆえ、相手がSSを並べる前に手札の強いカードをハンデスで落として、厄災日でリセットするという動きのできる白黒が勝てると思いました。
実際、スイスラウンドでは青橙、黒橙が多く、また相性の悪いと思われる黒橙魔弾デッキ相手にもウーディスCBで魔弾を落とすなど運のよさもあって、7連勝することができました。
シングルエリミネーションは、QFは予選でも当たった方の黒橙は相性の良さで勝ちました。しかし、SFで青橙黒CBデッキと当たり、序盤は呪殺とハンデスでイニシアチブを握りましたが、厄災日がなかなか引けず、相手の方にも厄災日を引かれないと割り切ったプレイをされ、オーラや凍結で攻撃を通され続けて負けました。


翌日のチーム戦は名古屋のFF勢で水土セオドア・水風レオコンボ・火氷で出ました。
自分の認識では、環境はビート寄りで、火雷やチョコボなど早い攻めを見せるデッキが多いと読んでいました。しかし、水光や風氷ライトニングなど考えてもいなかったところと当たり、かなりテンパってしまいました(笑)
自分はセオドアを使い、個人4-2、チーム4-2でしたが、オポの高さでなんとか抜けることができました。
SFは6回戦でも当たった三闘神チームと当たり、0-3で負けてしまいました。
実力・環境理解度で圧倒的に負けたと感じたので、次回はもう少し話し合いや練習を積み重ねていこうと思いました。


権利は取れなかったとはいえ、勝てない病は克服した気がするので、次の大会で勝ちたいと思います!w
スポンサーサイト
プロフィール

ズーシミ

Author:ズーシミ
FFTCG、ラストクロニクルについてなんか書きます。

Twitter:mdktsk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。