スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストクロニクル デッキ 紫青

ユニット 35
レベルⅠ 18
3 意思を持った雷光
2 疾風の弓使い
2 シグニィの雷司祭

3 戦雲の楽人
3 わだつみの声 アンジュ
2 征地の奇兵
2 幻惑術師 ハスティ


レベルⅡ 6
3 ゼノビア
3 あらぶるワイバーン


レベルⅢ 9
3 紫電の刺客 アズラール
2 粉砕の風 メルカンデ

2 霊薬師 マキナ
2 海部の将 ミフネ


レベルⅣ 2
2 ハンニバル・バルカ

ヒストリー 4
3 時移しの魔笛
1 青宝珠


スペル 11
3 嵐の進撃
2 嘆きの雨

3 凍結
3 郷愁の唄
1 魂の帰還


CA3:CA2:CA1=21:24:5
紫:青=25:25

2弾がが出て早一ヶ月。自分が触っているのはオンラインの実装からので、2週間くらいの気持ちです。

魂石のドルイド、斉天大聖などのカードにより橙が大幅に強化されました。おそらく皆さんの周りでは白橙、紫橙などが流行っているのではないかと思います。

しかし、今回紹介するのは、時代に逆行する紫青です。なぜならば、青のカードが橙に対して強いからです。

郷愁の唄はCA3でありながら1マナでバウンスという強力なカードです。斉天大聖などの重いユニットを手札に戻したら1ターン余分に貰ったも同然です。

このカードを活かすためには音楽家が必要です。なので、数少ない音楽家であるアンジュと楽人は必須でしょう。

相手のユニットを手札に戻したはいいが、その間に何も出来なければ本末転倒です。では何をするのが一番良いかというと、アズラールをはじめとしたレベルⅢユニットを魔笛によりレベルⅡにしてアタック、という動きが1番噛み合ってるでしょう。よって、レベルⅢ以上のユニットを少し多めに入れておきます。また、これにより長期戦になっても息切れしづらくなります。

後は脇を固めるカードを入れると完成です。ゼノビアや雷光はアンジュやハスティのようなATK1と相性がよく、何よりゼノビアと雷光で小隊することでATK5という脅威になります。

プレイするポイントとしては、相手が速攻デッキでも積極的に殴りに行くことです。バルカヌスを活用するデッキは安定して強いですが、大抵CB以外の除去が無いので、アンジュ+アズラールや雷光+ゼノビアが揃えばバウンスを持っているぶんこちらの方が有利にダメージレースをすることができます。
また、マリガンが難しく、筆者も迷うことがよくあります。ただ、初手にアンジュがあったら問答無用でキープで良いでしょう。

少々ピーキーですが、その分ブン回りが強く楽しいので、試してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ズーシミ

Author:ズーシミ
FFTCG、ラストクロニクルについてなんか書きます。

Twitter:mdktsk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。