スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラスクロデッキ草案】黒単”イルルガングエ”【3弾】

ユニット
レベルⅠ 11
3 麒麟の奇兵
3 イルクベリアの脱獄囚
3 疫魔の眷属
3 夜を盗むもの ライーサ
2 妲己

レベルⅡ 19
3 メディア
3 タグの屍術師 グッコ
3 本因坊周作
3 貪欲なオーク
2 猛虎の奇兵
2 熊猫の奇兵
2 突撃屋オーク
1 不死兵団

レベルⅢ 8
3 疫魔の獣 イルルガングェ
3 ヴラド・ツェペシュ
2 龍王の奇兵

ヒストリー3
2 黒の宝珠
1 闇の魔穴

スペル9
3 呪殺
2 カオスバニッシュ
2 縫合再生術
2 吸血

CA3:CA2:CA1=17:33:0

3弾のカードの効果はこちらを参考にしました→http://zephylon-chronicle.doorblog.jp/archives/37421726.html


お久しぶりです。ラスクロ界は3弾のプレリリースが開催され、全カードが判明したことで、盛り上がりを見せていますね。
自分は、今弾は黒が特に強いと感じたので、黒を使ったデッキを考えてみました。
3弾のSR《疫魔の獣 イルルガングェ》をフィーチャーしたデッキとなっております。

イルルガングェはレベルⅢのユニットでありながら1コス1500と脆弱なスペックですが、自分のユニットが死ぬたびに大きくなるという能力を持っています。
このユニットの優れているところは、1ターン目に置いておくだけで、時代Ⅲになったら巨大なサイズのユニットが手に入るというところにあります。通常1ターン目というのは、1コストのカードに強いものが多くないこともあり、何もできない無駄なターンになることが多いですから、1ターン目を有効活用できるこのカードはそれだけでテンポアドバンテージを得ていることになります。もちろん、途中で引いても軽さを活かして余りマナで置けるところも強みです。

普通に出して相打ちを繰り返しているだけでも強くなるこのユニットですが、能力を活かすために《グツコ》のような自分のユニットを犠牲にする能力持ちのユニットを積んでいます。特に3弾の新カード《本因坊周作》は奇兵たちが優秀なのもあって、シールドではかなり強いと感じました。
同じ3弾の新SR《メディア》もかなり優秀なユニットで、除去能力によって有利な盤面を作ることができます。また、カウンター能力によって育ててもよし、要らなかったら除去のコストにしてもよしと、イルルガングェとかみ合った能力を持っています。

イルルガングェの欠点としては、引くのが遅くなれば遅くなるほど弱いというのと、黒には簡単に除去されてしまうということでしょうか。なかなか癖の強いユニットではありますが、その分構築を考えることができるので、良いユニットだと思いますね。


ラスクロオンラインに3弾が実装されたらまたデッキをいろいろ作ってみるつもりですので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ズーシミ

Author:ズーシミ
FFTCG、ラストクロニクルについてなんか書きます。

Twitter:mdktsk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。